佐賀市の整骨院│なべしま整骨院

なべしま整骨院ロゴ
TELボタン

» シンスプリント


「走り始めや、走っているとだんだんすねが痛くなってくるけど、これってシンスプリントなのだろうか?」

運動をしていてそんな不安はないでしょうか?

もし、あなたのすねの痛みがシンスプリントであれば出来るだけ早期に適切な治療を行うことが大切です。
まずは、「自分の症状がどういうものなのか?」を把握してください。

○初期に出てくる症状―

1. すねの内側(稀に外側)が痛い

2. すねの内側(稀に外側)の骨を押すと、激痛がする

3. 骨がきしむような感じがする

4. 走ったり、ジャンプするとすねの内側(稀に外側)が痛い

5. 骨折や打撲をした時のような、激しい痛みではなく、ズーンとした、鈍く、響くような痛みがある

6. 運動を始めると痛くなり、体が温まってくると痛みがなくなり、運動が終わるとまた痛む

7. 筋肉痛のような痛みも感じる

○重症化すると―

image001
1. 歩いたり、立ったりするだけで痛い

2. 何もしなくてもうずく様に痛い

3. 運動している最中、身体が温まってもずっと痛い

4. 初期の頃より、痛みが持続する

5. 運動ができなくなるほど痛い
シンスプリントは、イラストの赤で囲んである位置が痛くなる症状です。
もっと正確にお伝えすると、シンスプリントは筋肉の痛みではなく、骨と筋肉がくっついている「骨膜(骨をおおっている膜)」が炎症して痛くなる症状です。
そのため、筋肉がついている骨膜のラインに沿って痛みが起こります。
また、重症化すると、すねの骨が疲労骨折を起こす可能性があります、必要と判断した場合は整形外科の方に紹介致します。まずは一度ご相談ください。
☆シンスプリントが痛くなる原因は「硬くなった筋肉」
シンスプリントは「すねの骨の内側や外側」が痛む症状ですがすねの周りには「ヒラメ筋」「腓腹筋」「後脛骨筋」などさまざまな筋肉が骨に付いています。
例えば、「後脛骨筋」(イラスト)は細い筋肉ですが、走ったり、歩いたり、ジャンプをする時によく使う筋肉です。その動作をするたびに強くぎゅ!ぎゅ!と緊張をして、すねの骨膜(骨膜とは、骨をおおっている膜)をひっぱるのです。
この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が長く続くと引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、痛み始めます。これがシンスプリントになる本当の原因です。

一般的にシンスプリントの治療とは、

image003
スネの内側を氷で冷やす(アイシング)

痛いところをグリグリと押す

痛いくらいストレッチする

練習前にテーピングをする

靴の中に中敷き(インソール)を入れる
などが行われます。
しかし、上記のシンスプリントの治療に取り組みながらも、治らずに辛い思いをしている人がたくさんいます。
それは、シンスプリントに対する治療方法が間違っているからでしょう。
シンスプリントの原因は「硬くなった筋肉」です。「硬くなった筋肉を柔らかくすること」や「血流を回復させて治癒を促すこと」が、シンスプリントの早期改善だけではなく、再発防止にもとても効果的なのです。
シンスプリントは、「原因」をしっかりと把握して、「正しい治療」を行っていけば、早期に完治が望める症状です。
クラブ、部活動の指導者の方で、お子さんがこの症状で悩んでいるということがあれば、当院にご相談ください。

なべしま整骨院では、スポーツを頑張っているあなたを全力でサポートしていきます。