佐賀市の整骨院│なべしま整骨院

なべしま整骨院ロゴ
TELボタン

» 肘内障


image007

肘内障とは??

肘内障とは、乳幼児期に起こりやすい肘の亜脱臼です。
7歳ぐらいの肘関節は、構成する橈骨(とうこつ)という骨の関節端の形状が不完全な形をしており、橈骨を支えている橈骨輪状靱帯 (とうこつりんじょうじんたい)から逸脱しやすくなっています。

そのため腕を捻ったり、ひっぱたりすると簡単に脱臼を起こしてしまいます。
一度脱臼を起こすと癖になりやすいのです。小学生になると橈骨の形状が成人の形に近くなるので脱臼しにくくなります。
image003image006

 

何歳に起こりやすい?

3~7歳の幼児に起こりやすいです。

image002

どんな症状がでるか?

子どもが痛がって手首を内側に返してだらんと下げて動かさないのが特徴です。

肘内障と骨折の見分け方

子供の手を引っ張ったら急に泣きだしたと言うのが多いです。骨折と違い、肘に腫れが出ることはありません。肘の外側(橈骨頭)に圧痛があります。

なべしま整骨院での治療

徒手整復後は、お子様が手を使って遊ぶ姿を確認を行います。
お連れの方には再発予防のための対策等をご説明します。
お子様の肘が抜けてしまったら慌てずに、なべしま整骨院にご来院ください。