佐賀市の整骨院│なべしま整骨院

なべしま整骨院ロゴ
TELボタン

» 胸郭出口症候群


肩こりがあり、肩から腕がダルイ・軽く痺れるなどの症状がある方はご注意下さい!!

image001胸郭出口症候群とは、鎖骨や肋骨周辺の筋肉が血管や神経の通り道を圧迫し、肩甲骨周辺や腕・手指にしびれやだるさ、痛み等の症状を起します。

酷くなると筋力や握力の低下、特定姿勢時だけに症状が悪化し、生活や仕事に支障をきたします。

首や肩・腕を特定の位置にすると、肩甲骨周辺や腕・手指にしびれやだるさ、痛みなどが現れます。

胸郭出口とは、鎖骨と一番上の肋骨と斜角筋が造るすき間のことです。

女性でなで肩の人は一般的にこの胸郭出口が狭く、胸郭出口症候群の症状が出やすい。

しかし男性でも胸郭出口症候群にかかる人はいます。

首の筋肉や胸の筋肉を鍛えている方にも起こる可能性があります。

胸郭出口症候群を患った人の話から自覚症状をまとめると、
image003・慢性的に酷い肩こりがある。

・手の指の中指~小指に妙な違和感が続いたり、痺れを感じる。

・首~肩周辺が痛む

・肩から腕にかけてだるい

・握力低下

・筋力低下

・重いものを持つと症状が悪化する。

・同じ姿勢でいると痛みが増して辛い。

・ある特定の動作や姿勢でいると症状が出る、または悪化する。

・パソコン作業、マウス操作の時に症状が出る、または悪化する

胸郭出口症候群は外見からは症状が分からないだけに、周囲から理解を得にくい事が多いのです。

早めに原因を調べ快適な生活を送れるようにしましょう。